オールインワンゲルについて真剣に語ってみた

オールインワン

近年は時間短縮になってコスパの良いオールインワンゲルが流行っています。

しかし、ラインづかいするよりも効果が減ってしまうのでは?と心配する方も多いのではないでしょうか?

この記事では、オールインワンゲルについて詳しくお話ししようと思います。

オールインワンゲルとは?

「たったこれ一本で、乳液・化粧水・クリーム・美容液の役割を果たしてくれます」

というのをいいことに、忙しい女性のために開発されたのがオールインワンゲルです。塗るとお肌が潤いが与えられる気がしますよね?

洗顔後にオールインワンゲルだけで済むならこんなに楽なことはありませんよね?

 

仕事で帰ってきた後の疲れもオールインワンゲルだけで済むなら、お手入れも楽なものです。

化粧品を簡単に済ませたいという思いから生まれたのがオールインワンゲルです。

オールインワンゲルは「水」「合成ポリマー」「合成界面活性剤」「防腐剤」が含まれた成分です。

合成界面活性剤とは?

合成界面活性剤で実際はお肌にダメージが進んだとしても、表面を合成ポリマーで覆うことであたかもお肌が綺麗に見える現象のことです。

言い換えると、顔にビニールを貼るとピーンと貼ってツルツルしたように見える現象のことです。

皮膚の常在菌が住みにくい環境になって、常在菌が減って皮膚が不健康になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です